文化庁『ARTS for the future !』補助対象事業



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   劇団偉人舞台 特別公演 

 
 
2021925(土) 絵空箱
 
エンターテインメントの面白さを世に伝えることを目的とした二部構成からなるプロジェクト。朗読劇が出来上がってくプロセスを解説・説明付きで観覧、そして完成作品を鑑賞する。
朗読劇「アンダーグラウンド」はエンタメ再誕の先駆けとなるか。
 
出演
我孫子泉
吉村啓史
南部孝司
舩木勇佑
我孫子令(以上 偉男児)
山本真里(キャラバン)
北川サトシ(キャラバン)
稲富勇暉
 
ギター:安達たけし
 
☆開演時間
昼公演 15:00~
夜公演 18:00~
(各公演30席限定。全席指定)
 
☆料金
前売 3,000円 当日 3,500円 
 
予約開始:
8/20(金)12:00〜
 
 

※ご予約に関するご注意  

今回の公演は、当日受付での接触を最小限に抑える為、すべてお振込みでのお申し込みとさせて頂きます。ご予約の際に受付完了のメールを返信いたします。その文面の中に、振込先の情報を記載しておりますので、指定の口座へのお振込みをお願いいたします。お客様には大変ご迷惑をお掛け致しますが、ご了承のほどよろしくお願い致します。

 

 

 


公演に関するお知らせ

本公演に出演予定の南部孝司ですが、諸般の事情により声のみの出演となります。あらかじめご了承ください。


ご来場の際のお願いとご注意

今公演では、政府、東京都のガイドラインに沿った新型コロナウイルスの感染対策を実施いたします

その上でご来場の皆様にご注意とお願いがございますので、ぜひご一読をお願いいたします。

・ご入場時に体温の計測を行っていただきます。その際37.5℃以上のお客様は入場をお断りいたします。また、当日体調のすぐれない方は無理をせずご来場を控えられるようお願いいたします。(※その際は返金致します)

・必ず不織布のマスクの着用をお願いいたします。(※ご希望の方にはフェイスシールドをご用意しております)

・ご入場の際は必ず手指のアルコール消毒をお願いいたします。

・食べ物、生花などの生ものの差し入れはお受け取りできません。終演後の役者との面会は行いませんので、差し入れは受付でのお受け取りとなります。

・私語はなるべく控え、密にならないように速やかに入退場をお願いいたします。

今回は新たな試みとして、稽古は全てリモートで行っております。メンバー全員、試行錯誤しながら頑張っております。

本番では万全の態勢で皆様をお待ちしております。



更新情報

 




劇団偉人舞台 設立の経緯

 1995年、青年劇場付属養成所にて27期生であった我孫子泉、我孫子令、吉村啓史らが集まり、演劇パフォーマンス集団「人格販売機」を結成。脚本は現文学座の望月純が担当。「人格~」は野外やストリートパフォーマンス等を中心に活動する。その後、養成所において初のオリジナル脚本(作 望月純)による卒業公演を行い、成功を収める。
 卒業後、メンバーの外部プロデュース公演出演を機に「劇団偉人舞台」と改称。1997年6月18日に旗揚げ公演を行う。


偉人舞台とは?

★偉男児★

偉人舞台劇団員の別称。男のみ5人の劇団員で構成されている。偉男児は、かつて女優が所属していた頃、男のみのユニットで公演を行った事があり、その名残りでそう呼ばれている。

★作品★
全ての公演をオリジナル脚本で行っている。

現在は主に我孫子令が脚本を担当。数年に一度のペースで我孫子泉も執筆している。
★年齢★
50代が2人、40代が2人に30代が1人!立派なオッサン劇団です。
★ジャンル★

ストーリー性はもちろん、エンターテイメントにこだわりを持つ。また、小劇場ならではの観客との一体感とライブ感を得られる作品作りにも重きを置く。偉人舞台は2度観るべきと噂された事もあるように、エンディングの衝撃さも特徴である。